消費者金融にカード発行

消費者金融にとりあえずカードだけ発行をしてみようと思っています。

消費者金融のカードを発行するだけであっても不利益となる可能性はゼロではありません。何故かと言うと、消費者金融のキャッシングは申込や契約をしただけでシー・アイ・シーなどの信用情報機関に登録され、他の金融機関から照会が可能となるためです。申込情報だけであれば信用情報機関への登録期間は6ヶ月間とそれほど長くはないため、消滅するまで待つことも難しくありませんが、契約した場合には契約期間中および取引終了後5年間は登録されることになります。「信用情報が登録されることは悪いことなの?」という疑問を持たれる方もいるかと思いますが、一概にそういうわけではありません。信用情報とはあくまで金融機関が対象者の信用を判断するための材料として用いられるだけですので、基本的に登録されるだけで直ちに悪影響を与えるということではないためです。

 

ただ、上記でも述べたように他の金融機関からもあなたが消費者金融と契約を結んでいるということはバレているため、100%他の融資等を利用する際の妨げにならないとは言い切れません。そして、消費者金融のカードを持っているということは、キャッシングへのハードルが非常に低くなるので、今は使うつもりがなくとも将来的に安易な利用につながる可能性も否定できません。もちろん、キャッシングを利用すれば、信用情報の利用履歴として新たに登録され、他の金融機関から照会することが可能となるため、明確に融資の審査や融資額に影響を与えることになります。上記のようなことから安易にカードを発行することは避けたほうが良いと言えますが、一方でカードというのはいざという時には非常に便利なアイテムです。人生を送っていく中では、突然思いもしない時に多額のお金が必要となる出来事が起きる可能性も十分に想定されるため、そうしたリスクに備える意味で安易な利用はしないということを大前提に作成だけしておくというのも1つの選択肢であるとも言えるでしょう。

 

キャッシング枠について